秋田のタカさん旅日記

kintarou77.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 26日

山梨県甲府市に行ってきました。

d0107838_1913408.jpg
12月24日AM5:40の秋田

今日はクリスマスイブ不景気とは言え、今日ぐらいはたのしい1日を送りたものです。
しか~し、おいらは朝はから雪の農道をえっちら走り6:34大曲発の「こまち」に乗るため、まだ暗い雪道を走るのです。

10時前に東京駅に到着し、中央線に乗り新宿駅に行きそこから、10:26発の「かいじ」に乗り甲府に向かいました。
d0107838_192562.jpg
甲府行き「かいじ」E257系

約1時間半の電車の移動ですが、景色に飽きない路線です。都会のビル群から山梨に入ると山が目の前に迫ってくる、いくつかのトンネルを越えると、ぱっと視界が開け甲府盆地が見渡せ遠くには北アルプス、八ヶ岳、富士山まで見えて360度山に囲まれなんて景色のいいところなのでしょう。
甲府駅にちょうど昼に到着・・・
d0107838_19353184.jpg
甲州名物ほうとうです。かもほうとう

前回山梨に来た時も食べた駅前にある「小作」にやって来ました。頼んだものは、鴨ほうとう1500円なり。鉄鍋にまだ沸騰しているほうとうが運ばれてきました。
秋田県人の食文化にはない独特の鍋?うどん?すいとん?好みが分かれそうだが、野菜たっぷりの「ほうとう」は僕は好きです。寒日には持ってこいの鍋ですね。
しかもボリュームもすごい。昼なので飲みませんでしたがビールによく合うのですよ。
d0107838_19395815.jpg
甲府駅の撮影スポット武田信玄公です。

さて、お腹も膨れ待ち合わせは信玄公の前。今回ご同行願ったお二方、わずかな時間銅像の前でお決まりの記念撮影。ハイ、ポーズ「パチリ」。
本来は甲府駅からローカル線の身延線での移動になるのだが、なにせ乗り継ぎが大変。今回は気を使っていただいて、駅まで車で迎えにきていただいた。
ことなく仕事を終わらせ帰りも甲府駅まで車で送っていただいた。帰りは中央道に乗り双葉SA付近で富士山が雲の切れ間から顔をだした。
d0107838_1948514.jpg
富士山の頭が見えた双葉SA付近。

数年前にの一回目の「トリコ」のとき双葉SAでソフト食ったこと思い出しました。

帰りは「あずさ22」に乗り新宿まで戻るころはすっかり日も落ちて窓の外ではクリスマスのネオンや電飾された街並みが、電車の中はこれからデートみたいな着飾ったおねぇちゃんがまぶしかった。中央線に乗り換え「ヨォツゥヤァ」を過ぎて東京駅の戻ったのは、秋田を出てからちょうど12時間を経過していた。移動に次ぐ移動でかなり疲れたのだが、これから秋田新幹線に乗って秋田まで移動。乗り継ぎで1時間ほど東京駅で時間調整。このときnbさんも東京駅内にいたらしいニアミスだ。(笑
d0107838_2014953.jpg
東京駅に停車する秋田新幹線こまち

すっかり暗くなりクリスマスイブの東京は不景気とはいえ、華やかな電飾やネオンは奇麗でした。しかし、すれ違う人々の顔がどことなく暗く見えたのは僕だけでしょうか。
帰りの新幹線は乗り込んだとともに爆睡し仙台のあたりまでは記憶がありませんでした(笑。
自宅に着いた時は11時を少し過ぎたあたりに戻ることができました。
[PR]

by kintarou776 | 2008-12-26 20:22 | お出かけ | Trackback | Comments(2)
2008年 12月 24日

一人ぼっちのクリスマス

まもなく新幹線は東京駅に到着します。

今、iPodで浜田省吾の一人ぼっちのクリスマス聴いてます。

いつもは、なんて季節外れの歌って飛ばしてました。

でも、今の自分が今日中に家に帰れるかわからない、窓の外は大都会東京のビル群。

浜田省吾さんもこんなクリスマスの景色を見ながらできた曲なのかな。

なんとなくセンチメンタルになるのであります。
[PR]

by kintarou776 | 2008-12-24 09:45 | 携帯日記 | Trackback | Comments(4)
2008年 12月 23日

お陰様で11111人の方が現れました。

今朝そろそろかなっと、ブログを開いてみるとあらっ!

11128になっていました。どなたがキリ番踏んでいたいだのでしょう?

にしても、多くの皆さんご覧いただいてありがとうございます。043.gif

11111人目と言っても、延べ人数では(常連さん)果たして何人いらっしゃるのでしょうか?

これからも、誰のためでなく自分のためこつこつアップして足跡を残して行きますので、たまにのぞいて叱咤激励お願いします。

やややぁ~~~。掲示板で見たら「キリ番」誰かわかりました。

Hさん(女性)おめでとうございます。特になにもありませ~~~ん(笑。
[PR]

by kintarou776 | 2008-12-23 07:39 | ひとり言 | Trackback | Comments(4)
2008年 12月 17日

11111人目は誰の手に!

11月25日にめでたく「アクセスカウンター」の10000万人目のキリ番を僕が踏むことができました。(笑い

これもひとえに、こんなどうしようもないブログにアクセスしてくださる皆様があっての数字と感謝しております。

気がつくと後もう少しで11111人目が現れそうです。003.gif

僕にキリ番踏まれないよう皆さん気をつけてカウンターご覧くださいね。
[PR]

by kintarou776 | 2008-12-17 22:43 | ひとり言 | Trackback | Comments(4)
2008年 12月 16日

寒い

d0107838_871356.jpg

今朝は冷えましたねぇ。

寒さになれている秋田県人でも身に染みます。

枯れ葉も冬化粧しています。
[PR]

by kintarou776 | 2008-12-16 08:07 | 携帯日記 | Trackback | Comments(0)
2008年 12月 14日

冬の日本海

d0107838_15184331.jpg
冬の日本海はグレーです。

じつは、冬の日本海を撮影しに行ったのではありません。
毎年恒例の冬の名物「はたはた」を釣りに出かけてきました。事前の情報では、夜中の12時から明け方の4時ぐらいがよく釣れると、教えていただきましたが、あいにくの雨と寒さで出かけるのをやめて、布団にもぐりこみ「むくむく」・・・いやっ・「ぬくぬく」して寝ました014.gif
翌朝目が覚めると、やっぱいくべと・防寒着と釣りざおを積み込み金浦漁港にGO.GOです。

****

d0107838_15302552.jpg
金浦漁港です。

金浦漁港に8時ごろ到着しました。予想では隙間がないくらい人でごった返しているだろうと思いましたが、ほとんど人はいません。
しばらく車の中から釣果の観察していましたが、ぜんぜん釣れる気配がありません。
平沢漁港にでも行こうかとも思いましたが、先日海に落ちて亡くなった方いたので、なんとなく行く気がしません。しばらくすると沖方から、ちらほら釣れ始めました。
意を決して、防寒具を着込み釣りの支度をして「いざ出陣」。。

がっ・・・・・釣れん・・

待てども・・・・釣れん・・

まったく・・・釣れん・・

1時間くらい格闘したが、当たりもこない。・・寒い・寒い・・寒い・・もう限界。

今日の釣りはあきらめました。釣果0です。

お腹も空いて、寒さも一段と身にしみます。
頭の中に「清吉そばや」の中華が一瞬よぎった。もう、我慢できません。
d0107838_15435578.jpg
清吉そばや
でっ、やって来ました。037.gif

朝から何も食べていないので、この一杯は体にしみます。至福のひと時です。
結果、何も釣れませんでしたが、おいしい中華を食べることができて幸せです。まだ11時長い一日です。午後から床屋さんにでも行ってさっぱりしますか。
[PR]

by kintarou776 | 2008-12-14 15:47 | 風景 | Trackback | Comments(7)
2008年 12月 12日

第5回トリコロールツーリングin立山黒部アルペンルート3日目

d0107838_2185297.jpg
d0107838_2191589.jpg
かな~り日にちが空きましたが、トリコツー3日目のレポートです。008.gif

一日目の富山での楽しい一夜、二日目は立山に登ったのですが、晴れたのはほんの一瞬、それでも立山の大自然は十分に満喫できた。
また、魚津市でのおいしいものは忘れられない逸品であった。

最終日3日目、朝。。。。。
d0107838_827478.jpg

今までの2日間は、なんだったんだというくらいピーカンの快晴058.gif
駐車場からは、立山連峰がまるで屏風のように見えた。
しかし、今日は最終日寄り道はしていられない、なにせ秋田まで660km走らなければならない。
我々は朝食後、流れで解散ということで、北陸自動車道にのり、関東組のbanabanaさんとロースターさんと糸魚川まで走り、ここで関東組のお二方とはお別れです。
2日間ありがとうございました。また、たのしい思い出が出来ました。気お付けておかえりください。

****

d0107838_21251448.jpg
やっちまったなぁ~~。

北陸自動車道を快調に走っていると、疲れが出て気を抜いた瞬間「覆面パト」を追い越してしまった。007.gif

次の瞬間、後ろを見ると赤色灯を付けて何やら叫びながら左に寄るように指示される。
みごと24kmオーバー16,000円の反則金と2点減点。
丁寧な口調で秋田からここまで何しに来たかを聞かれ、友人との企画でツーリングに来た旨を説明すると、楽しい思い出に水を差すようで申し分けなさそうにしていたが、しっかり「違反切符」を渡された。

気を取り戻して、高速を新潟まで北上し、新潟中央から磐越自動車道にのり目指す目的は2つ

d0107838_2141566.jpg
磐梯山が見えてきました。

1つは、むらいのソースカツ丼

2つは、前回濃霧のため走れなかった「磐梯吾妻スカイライン」を走る。

途中ロスタイム?があり「むらい」のソースカツ丼13:30の閉店ギリギリに滑り込みなんとか食べることが出来ました。あまりにお腹が空いたため写真ありません。(笑

お腹が膨れ天気は晴れ、猪苗代湖を右に磐梯山を左に見て国道49から国道115に左折し安達太良山麓を走り、いよいよ磐梯吾妻スカイラインに入ります。
d0107838_21463753.jpg

前回のトリコでは、残念ながら濃霧で走りませんでしたが、東北でも屈指の山岳道路、景色もよければ、山岳路はS2000にはもってこいの極上のコースです。
d0107838_21513824.jpg
あっというまに山頂付近。

あまりに気持ち良く、あっと言う間に浄土平に到着です。
d0107838_2154863.jpg
浄土平駐車場です。

駐車場に到着しトイレタイムをし、駐車場越しに目をやれば・・・・・?
正面に「吾妻小富士」が目の前に・・・・
d0107838_2292461.jpg

また、階段が見えます。008.gif
昨日の、黒部ダムの階段といい、最近の「トリコ」には階段は必須なのか・・・・・?

往復30分とあります。え~いいってまぇ~~~。

にしても・・・・・042.gif
d0107838_2212772.jpg
けっこうきついです。

20分くらいかけて登りましたよ。やれやれです。景色はそんなにいい訳ではありませんが、御覧のように山頂がくぼんでいます。さらに30分掛けると、「お鉢回り」カルデラの外輪を歩くことができるのだが、さすがに遠慮しときました。
d0107838_22201776.jpg
カルデラです。

あとは、高速にのり一気に帰路につきました。たのしい時間はあっという間に過ぎるもので、この企画を立てて、あと何日で富山、あと何日で富山、天気は・・・っと。指折り数えて待っていたことを思い出します。
今、こうしてアップしていますが、今年も残すところ20日あまり早いものですね。
世の中の出来事があまりにも早くしかも「みぞうゆう」の大不況。まったく溜息しか出てきませんね。そんな中でも僕的には、この「トリコツー」か「大曲の花火」が最高の思い出かな。
nbさんは、ざんねんながらどちらにも参加されませんでしたが、「地震」が僕とnbさんを引き合わせた出来事も、何か仕組まれた出来事のようにも思います。
皆さん今年はどうもありがとうございました。また来年もよりパワーアップしたトリコでありますよう期待します。
[PR]

by kintarou776 | 2008-12-12 22:35 | トリコロールツーリング | Trackback | Comments(2)
2008年 12月 03日

鉄道博物館

d0107838_20334688.jpg
仕事の合間にサッサッと鉄道博物館を見学してきた。

大宮駅からニューシャトルで一駅3分ほどで鉄道博物館駅に到着。
階段をおりると時刻表のエントランスがお出迎え。
d0107838_20384873.jpg

これから訪れる博物館の手前で素敵なお出迎えで、期待が高まります。

切符売場のような券売機でスイカのような入場カード1000円を購入。
これまた改札口を通過し、いよいよ博物館へ入場です。館内は3階建てになっており、とてつもなく広い。。。
d0107838_20461123.jpg
国鉄初の電車による特急。

機関車から電車へシステムチェンジのきっかけは?

今から50年前の昭和33年11月1日、東京~大阪間を結ぶ特急「こだま」が新設され、これを記念して特別企画展「電車特急50年~ビジネス特急こだまからJR特急まで~」が開催されていた。
「こだま」の最大の特徴は、国鉄初の電車による特急ということだった。
鉄道創業以来、日本の鉄道は機関車が客車や貨車を引くスタイルを中心に運行されてきた。すでに明治期には乗客を乗せる車両に動力装置(モーター)を搭載した電車も登場していたが、技術的な問題もあって、主に都市部の通勤輸送に運用範囲が限られていた。このため、国鉄の特急は、すべて機関車と客車の組み合わせで運転されていたのだ。
d0107838_22452100.jpg
戦後、国鉄は近代化の一環として主要幹線の電化にとりかかる。そして昭和31年(1956年)11月には、まず東海道本線の全線電化が完成した。また、電車技術も目覚ましい進歩を遂げていた。翌年には従来の電車とは一線を画すモハ90形が誕生。この車両はその後、通勤用の101系として量産、大活躍することになるが、それにとどまらず新しい電車技術の基本ともなったのである。
電車と機関車を比較した場合、電車は加減速性能が優れ、終点の駅でも簡単に折り返し運転ができるといったメリットがある。また、機関車で高速運転するためには、軌道の強化が必要となるが、その点も電車は有利だった。
d0107838_2291545.jpg
かつて電車は、「乗り心地が悪く、騒音も大きく、長距離列車や優等列車には不向き」とされていたが、この101系の成功により、長所が大きくクローズアップされることになった。こうした情勢のもと、国鉄理事会は電車による特急運転を決断。すぐに20系電車が開発され、特急「こだま」としてデビューしたのである。
「こだま」は最高時速110kmで東京~大阪間を6時間50分で結び、日帰りも可能にした。また、スピード感あふれる優美なスタイル、そして冷暖房完備の乗り心地のよい客室などから一躍人気列車となった。
「こだま」の成功により、日本の鉄道による旅客輸送は、機関車から電車へと大きくシステムチェンジを図ることになった。それが新幹線はもとより、現在の「スーパーひたち」「成田エクスプレス」などのJR特急にまで引き継がれているのだ。企画展では、日本の鉄道の特徴ともいえる、こうした電車特急の発展の歴史を見ることができた。
d0107838_21404419.jpg
国鉄の歴史がとてつもなく長~~~~~~い年表で見ることができる。

どれも興味ぶかい歴史だが、全部見るにはかなりの時間がかかりそうなので、さっささあ~っと。

d0107838_21442779.jpg
模型鉄道ジオラマ

日本最大のHOゲージ模型鉄道ジオラマ。解説付きでゆったり見られるナレーションがついて、15分の運転プログラムがあり、大人も子供も大興奮。SLから新幹線700系まで幅25m奥行8m。レール総延長1400m。なかなか見ごたえがありました。

1時間ぐらの駆け足で館内を見て回ったが、半日ぐらいかけてゆっくり見たいものだ。
[PR]

by kintarou776 | 2008-12-03 21:52 | お出かけ | Trackback | Comments(4)
2008年 12月 01日

輝く金星と木星と三日月

d0107838_18424170.jpg
夜空に現れたニコチャンマーク001.gif

写真ではきれいとはいえないが・・・・・。

今日の夕方気温が下がった。

冬の星空がとてもきれいに現れる、そんなとき東の空を見ると。。

三日月の上に金星と木星が接近し幻想的な形できれいに輝いていた。

そこでカメラと三脚をあわてて持ち出し撮影スタンバイ。。。

どこで撮ろうかしばし「うろうろ」そうしているうちに月が雲に隠れそう。

結局10枚くらい撮影して雲の中へ・・・・・

設定も決まらないまま写してこんな「ピンボケ写真」ほんとはもっときれいなのですが、

まっ、雰囲気だけでも感じていただけたらな。
[PR]

by kintarou776 | 2008-12-01 18:53 | ひとり言 | Trackback | Comments(4)