秋田のタカさん旅日記

kintarou77.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 03日

2011/11/3 抱き返り渓谷トレッキング

d0107838_19381066.jpg
渓谷のコバルトブルーと紅葉のコントラストがきれい
今日は11月だと言うのに温かい一日でしたね。
そんな、紅葉真っ盛りの秋田の中でも一位、二位を争う景勝地抱き返り渓谷をトレッキングして来ました。
時間にして2時間ちょっとでしょうか。景色いい中写真を撮りながらトレッキングは気持いいです。おやじ化してます(笑い。
前の日の深夜激しい雨で今日のトレッキングは中止かと思いましたが、午後には晴れの予想。
10時ごろの遅い出発になりましたが11月にしては温かい本日を惜しむかのようにオープン走行を楽しむのです。




d0107838_19324781.jpg
d0107838_17485986.jpg
ご覧の赤い橋の奥が抱き返り渓谷V字に切れ込んだ渓谷をコバルトブルーの清流が流れる。
d0107838_19444189.jpg
コバルトブルーの水面に紅葉が映える。
しかしここの水は青い。多分上流の酸性の強い温泉が流れ込んでいるせいだろう。
d0107838_2024100.jpg
心癒される風景。木立の間からコバルトブルーの水面が美しい。
d0107838_2023749.jpg
清流は冷たそう。
d0107838_2075128.jpg
山の斜面も錦に染まっている。
d0107838_20161589.jpg
渓谷に沿って歩道が通っている。前日の雨で多少ぬかるんでいた。

その、歩道の行く付く先は最終目的地。
d0107838_1910013.jpg
回顧の滝
回顧の滝概要: 回顧の滝は抱返り渓谷にある滝で、渓谷の入り口にある駐車場から徒歩20分位の所にあります。抱返り渓谷は、「東北の耶馬渓」と言われるほどの景勝地で、V字に切れ込んだ渓谷にエメラルドグリーンの渓流が何とも神秘的です。一湯、六滝、三島、十二名所と言われる抱返り渓谷の中でも回顧の滝は特に見ごたえがあり、「振り返ってもう一度見てみたい」事から名付けられたとも言われています。高さは30mほど、水量も豊かで、滝が渓谷に流れ落ちる様はかなり印象的です。

歩道はこの先も続いていたのですが、回顧の滝が折り返し地点になっており、沢山の人で歩道が埋め尽くされていた。
本当は、三脚を用いてシャッタースピードを1/6秒位にして糸を引くような滝を写したかったのですが、人の多さで三脚使用は不可能。橋の欄干に肘を固定して手持ちで取るのが精一杯でした。ゆえにピンぼけ写真の量産してしまいました。その中でもまともな一枚です。
我々もここを最後に引き返し2時間に及ぶ本日のトレッキングはおしまいです。

ここからはおまけ写真です。
抱き返り渓谷の帰り角館で昼食し武家屋敷通りをブラついてきました。
d0107838_6172599.jpg
紅葉の武家屋敷通り沢山の観光客が紅葉を楽しんでいました。
d0107838_19181757.jpg
青柳家前の紅葉がきれいでした。
d0107838_191918100.jpg
最近お気に入りのNBアングル
d0107838_19201385.jpg
みちのくの小京都。景色は本家京都に似ている。
d0107838_19212023.jpg
もう一枚NBアングル
紅葉見物は断然お年寄りが多いが、自分もその中に入って違和感が無くなってきています。
完全におじさん化しております。でも、きれいなものはきれいなのでこれからも勢力的に行動します。
別に宣言しなくてもいいのにね。
[PR]

by kintarou776 | 2011-11-03 19:36 | 風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kintarou77.exblog.jp/tb/14877037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2011/11/15~16北海...      2011/10/30 獅子ヶ鼻... >>