<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 29日

おくりびと

d0107838_186191.jpg
おくりびと
今日外はいい天気058.gif
だが、花粉症の僕は家に居ても目はかゆいし、くしゃみは出るし症状が悪化しそうなので我慢して家でじっとしていた。
それにしてもいい天気、とうとう我慢できず、エスも来たことだしちょっとお出かけすることに、マスクをして完全装備でエスに乗り込んだ。
快調に走るエスとは裏腹に鼻水が止まらない、目がかゆい。007.gif
遠出することは止め、近くのイオンモールへ出かけ遅い昼食を取ってモール内をうろうろ。映画館の前を通ると、「おくりびと」の再上映をやっていた。早速見ようとチケットを買おうとしたら、今日の分は完売いたしました。
見られないと思ったら余計に見たくなるのが心情。何かないかと考える。
映画2人分払うのなら、DVDが買える。早速イオンの専門店で「おくりびと」のDVDを購入これで今日おくりびとが見られる。
さぁ~て、アカデミー賞外国語映画賞部門受賞作品いかかでしょう。
[PR]

by kintarou776 | 2009-03-29 18:24 | ひとり言 | Trackback | Comments(4)
2009年 03月 28日

S2000本格始動

d0107838_17312142.jpg
給油中のS2000
約2週間のメンテナンスからエス君が退院して来た。043.gif
ステップの塗装割れが気になっていたので、シーズン前にお手入れして今日無事に戻ってきた。あいにく小雪が降っているので、スタンドまで給油がてらかる~く走ってきた。実に三ヶ月半ぶりの運転で多少緊張したが、軽快にまわるS2000のエンジンは快調でした。
d0107838_17394647.jpg
ステップもきれいにお色直し、エス君もうれしそう。

本格的ツーリングシーズンはもうすぐ、今年はどんなドラマが待ち受けているか楽しみです。

さぁ~旅に出よう。
[PR]

by kintarou776 | 2009-03-28 17:46 | S2000 | Trackback | Comments(0)
2009年 03月 22日

さすが・・・MADE IN CHINA

旅やツーリングネタではないのだが。。。。
d0107838_19155133.jpg
なんのことはない普通の電卓です。多少年期は入っていますが(笑。

最近気になる現象が起きだしたので、分解してみることに。
その現象とは、電卓内部で「ガタガタ・・・」なにか外れているような音がしだした。最初は基盤かなにかが外れたのだろうと思い、裏蓋を外してみることにした。
d0107838_1846464.jpg
MADE IN CHINA製ですね。

四隅にある小さな「ネジ」を外して裏蓋を外しにかかる、その時も電卓内では、「ガタガタ」音がする。ネジを外して裏蓋を「パッカッ」・・・・あぜん(@_@;)
目を疑いました。
d0107838_18543145.jpg
訳のわからんオモリがセロハンテープで・・・・・?
電卓の上部ちょうど数字が表示される液晶の裏あたりに鉄の板?が。しかもセロハンテープで止めてあった。
そのセロテープがはがれて、中でオモリがガタついていたのだ。
d0107838_18563988.jpg
しかも錆びてるし。

この様な「オモリ」?鉄の板が裏ぶたセロテープで止められていた。いったい何の意味があるのだろう?
文鎮がわりにして、電卓を安定させるため?それとも軽い電卓を重くして高級感をだすため?まったく、意味が分かりません。
雑な造りはまだありました。それは下の写真。
d0107838_1925775.jpg
分かりますか。
表の基盤が取り付けられてる方を見てみるとこちらもおどろきです。
ソーラーパネルや液晶パネルまでセロテープで止めてありました。
まるで、小学生の理科の実験で造った代物でした。
このものづくりのクオリティーの低さはあきれるを通り越して笑えます。このような製品がどうどうと流通しているのか思うと誰か何とかしくれと思います。この製品を輸入した日本の業者もわけわかりません。

ちなみに、中でガタついた「おもり」を外して使用しても何も問題はない。いったい何のために入っていたのだろう。
とっ、言うかこんな製品を作って普通に売られてるっていかがなものか。理解できません。
[PR]

by kintarou776 | 2009-03-22 19:18 | ひとり言 | Trackback | Comments(2)
2009年 03月 14日

NSXを頭に乗せたねこ?

d0107838_17435777.jpg

どうぶつモードで写して見た。
ただ撮っただけでは面白くないので、NSXを頭に載せると固まってカメラ目線をくれる。

なかな絵になっている。

なにしてるにゃぁ~。
[PR]

by kintarou776 | 2009-03-14 17:47 | 家のねこ | Trackback | Comments(2)
2009年 03月 14日

S2000冬眠から目覚める。

d0107838_1162931.jpg

昨年の12月に冬眠に入り、3ヶ月半ぶりにエンジンに火が入った。
バッテリーにターミナルを接続し、キーを差し込み、クラッチを踏んで、スタートボタンをON。。。

キュルル~~~ブロォォン~~。

多少不安があったが、軽快に始動した。006.gif
しかし、今日はあいにくの雨模様。なぜこんな日に始動したかと言うと、シーズン本番前にメンテナンスをしようと。
運転席下のステップの塗装の「はがれ」が気になって、修理してもらうことにしたからです。この際ドアの「エクボ」も気になっていたところがあったので合わせて修理してもらうことに。
d0107838_1116579.jpg
やく一週間の入院になる予定です。009.gif
車屋さんに行く前にその辺をちょっと流して来ましたが、やっぱりS2いいです。あいにく雨でオープンにはしませんでしたが秋田にも、もうじき本格ツーリングシーズンがやってきます。
それまで今しばらくの辛抱ですね。006.gif
[PR]

by kintarou776 | 2009-03-14 11:26 | S2000 | Trackback | Comments(2)
2009年 03月 08日

極寒の玉川温泉

d0107838_2041144.jpg
3月7日12:20田沢湖駅「ぶなの森そよ風」の送迎バス

ここに至るまで少しばかりの物語があった。
それは2月26日「226事件」が起きた(笑。
トリコロールメンバーのnb氏から次のようなメールが舞い込んだ。

nb氏・・・ロードスターのnbです。3月7日(土)H市から帰るだけの予定なのですが、もし良かったら画像撮影のミニドライブに連れてってください!・・・・・。

タカ・・・それじゃ~「玉川温泉でも行く」っとなにげなく返信

ではそうしましょう。あっさり決定。だめもとで他のメンバーにもメール送信・・・・。
ざんねんながら、ロースター氏は欠席。banabanaさんは参加できるとのことで、11:56分、田沢湖着のこまち9号で秋田入り、タカとnb氏はキューブ君で11:30分ごろ田沢湖駅に到着。
banabana氏を乗せた「こまち9号」が到着するころには、御覧のような雪が降ってきた。ホームに降り立ったbanabanaさんは突然の大雪に興奮しまくりだった。
d0107838_214387.jpg
冬季一般車両通行止めの国道341号線

御覧のように玉川温泉に向かう国道341号線は冬季一般車両は通行止めとなり、玉川温泉に向かうにはホテルの送迎バスか路線バスを使って向かうしか交通手段はない。
途中には、通行止めのゲートがあり、係の方が大雪のなかゲートを明けてくれて、雪の回廊の中、国道341号線を玉川温泉を目指してバスは進みます。
玉川ダムを過ぎ高度を上げると道路の両側の雪の壁がだんだん高くなて3mぐらいはあったでしょうか。景色は両側の雪壁と吹雪で何も見えずざんねんです。
田沢湖駅から1時間ほどバスに揺られ本日の宿、玉川温泉「ぶなの森そよ風」に到着しました。ある程度雪があるだろうと覚悟はしていたが、さすが八幡平の中腹、あたりはおよそ3m以上の雪が積もっていた。雪景色はnbさんのブログまたは、banabanaさんのブログでご覧ください。

d0107838_2121267.jpg
ホテルにチェックイン
d0107838_965154.jpg

■大噴(おおぶき)
 まさしく、この大噴が玉川温泉の源泉です。
 地上に噴出すまでに60年掛かると言われていますので、今まさに噴
出しているのは、戦前のお湯です。
 この大噴から、一筋の川(湯川)となって下流にながれ、その一部が玉
川温泉の大浴場に流れ込みます。
 大浴場は、正真正銘の源泉掛け流しです。
部屋に荷物を下ろし、しばしマッタリした後、奇跡の温泉へ・・・・。
d0107838_11221791.jpg
大浴場(写真ぶなの森そよ風HPより
ここで、玉川温泉の特徴を。
玉川温泉は、十和田湖八幡平国立公園内にある八幡平焼山山麓の玉川地区の地獄から湧出する「大噴の湯」を源泉とする世界にも類を見ない奇跡の温泉です。
奇跡の第一は、「大噴の湯」の温泉水の凄さ。pH1.2の超強酸性で98℃というほとんど沸騰に近い熱水が、毎分9,000リットルという膨大な湯量で轟音とともに自噴する様は、まさに地球の営みの驚異を感じさせます。もちろんpH1.2という酸性度の高さも、毎分9,000リットルの湯量も本邦随一です。温泉は予想以上の効能で、とても刺激的でした。
肌がひりひりするとか、傷口にしみるだとか、○○○の先が痛い?だとか、効果は人それぞれあったらしい。間違って目に入ると開いていられないほど目にしみます。飲むことも出来るのですが、かなり薄めても刺激が強くとても飲めたものではありませんでした。また、館内にある岩盤欲(浴)も初体験。専用の浴衣に着替え部屋に備え付けの専用タオルを敷いて、ごろ寝です。最初はさほど熱くはないのですが、しばらくすると下から「じわじわ」と暖められ、気がつくと全身汗びっしょりでした。20分ほど岩盤浴を体験しました。全身遠赤外線効果で「ポカポカ」です。特にbanabanaさんは10分ぐらいで夢の世界へ旅立って行きました(笑い。
しかし、読者の皆さんここは湯治目的の方ほとんどで、普通の温泉宿とは違いますので、もし行かれる方がいらっしゃいましたら、宿の特性を充分理解し周りに迷惑をかけない配慮が必要です。
酒盛りや宴会は慎むように(笑い。
d0107838_1852716.jpg
後半へ続くかな。
[PR]

by kintarou776 | 2009-03-08 21:23 | お出かけ | Trackback(1) | Comments(10)
2009年 03月 02日

花粉症対策

d0107838_21554680.jpg
panasonic 空気清浄機 F-PXD50
秋田にもそろそろ遅い春がやってきそうだ。
しかし、今日の天気は冬に逆戻りしたような吹雪模様。でもこの天気長続きしないのが春が近い証拠であります。
っと、同時事に憂鬱な季節がやってくる。そう。花粉症ですね。
そこで、新兵器の投入です。最新式の空気清浄機「nanoe」ナノイー。ホントにいいのだろうか?
キャッチコピーがあまりにも「ベタ」なのでやや心配です。
それが、「お部屋のダニのフン・花粉などは空気清浄機で解決!」
っま、ないよりは幾分は効果はあるのだろう。これからが本番です。がんばってくださいね。
d0107838_2253464.jpg
nanoeナノイー
ナノイーとは微量のオゾンが発生していて、森林浴効果があるそうです。それにしても最近の空気清浄機は音が静かで近くに行ってもほとんど音がしない。

それでは早速、一番左のナノイーボタンを「ポッチ」?????

なにか出てるのか? (かすかに「シュ~ッ」・・・・・・・「シュ~ッ」こっそりダースベーダーが呼吸している。)ホントはオゾンを発生させている音です。

これから家の中にある花粉をどんどん浄化してくださいね。
[PR]

by kintarou776 | 2009-03-02 22:16 | ひとり言 | Trackback | Comments(6)