秋田のタカさん旅日記

kintarou77.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 29日 ( 1 )


2017年 05月 29日

能登半島、長野県ロングツーリング 2日目 5月4日(木)

d0107838_13013402.jpg
ロングツーリング2日目。ホテルの外には朝日に照らされる立山連峰が神々しく見える。今日も絶好のドライブ日よりになりそうだ。
ホテルの朝食会場で見るからにオカマさんと解る方がテーブルの目の前に座られ衝撃的な目覚めの朝食となりました。
d0107838_13013677.jpg

ネットからお借りした画像ですが、能登半島一周はおおよそこの通り。魚津からのアプローチになるため、半時計回りになります。取りあえず道の駅氷見を目指します。
d0107838_13013875.jpg

富山市を高速で通り過ぎ道の駅氷見でひと休みし、R160で冨山湾を右側に見ながら海岸線を走ります。
d0107838_09563822.jpg

すると石川県の県境。遥々秋田からの長旅を実感。
d0107838_13014000.jpg

しばらく海岸線を走っていて気がついたのは景色は男鹿半島と似ているな。目指したのは能登島の道の駅。能登半島の中ある島にわたる。島へのアプローチはつり橋がかけられ、橋からの景色は両側に海を望む絶景。
d0107838_13014330.jpg

小腹が空いたので能登牛をいただきます。
d0107838_09144727.jpg

2年前も石川県に来たときに入った【8番ラーメン】担々麺をいただきます。石川県内では有名なチェーン店らしい。
d0107838_13014565.jpg

そして珠洲市で有名な観光地。見附島または形から軍艦島独特な形をしてます。
数十年ぶりに訪れましたが、もっと大きかった印象がありましたがわりとこじんまりしてました。
d0107838_18501312.jpg

近くの茶店で数十年前初めて食べた『ところてん』に黒蜜を掛けて食べるスイーツ的なところてん。お店はありましたがところてんはありませんでした。秋田では黒蜜を掛けて食べることはあまりないので印象的だった。
d0107838_13014763.jpg

見附島から禄剛埼の灯台の途中にある『ランプの宿』いつかは泊まってみたいです。
d0107838_18562292.jpg

有料でしたが、空中展望台や『青の洞門』など新しい施設があったが、高いところは苦手なのでまた今度(笑)
d0107838_13015271.jpg

とうとう着きました。目的地は400m先に能登半島の先っぽ。
エスを駐車場に置き軽く歩きます。
d0107838_10083464.jpg

灯台に続く道には白い藤の花がお出迎え。いい香りがします。
d0107838_13015555.jpg

軽い登り坂が続き芝生の平地が現れ、目的の灯台が見えてきました。珍しく天候にも恵まれ申し分ない景色でした。
d0107838_16132817.jpg

これでひとつ目的達成です。能登半島の先っぽに立てました。
d0107838_05280162.jpg

どこまでも青い空と海。
景色を思う存分目に焼き付け目的の地を後にします。

そこから塩田村や輪島の朝市、ヤセの断崖、千枚田など寄ろうとしましたが、どこも渋滞人混みですべてパス。そしてここだけは。
d0107838_10470274.jpg

【千里浜なぎさドライブウェイ】
千里浜なぎさドライブウェイは、石川県羽咋郡宝達志水町今浜から同県羽咋市千里浜町に至る砂浜の延長約8kmの観光道路であり、千里浜と今浜の一部と出浜の各海水浴場も兼ねている。 日本で唯一、一般の自動車やバスでも海岸線の砂浜の波打ち際を走ることができる道路である。
d0107838_18050124.jpg
d0107838_11405854.jpg

能登半島をほぼ1日掛けて一回りし、2泊目の宿へ到着。荷物を部屋に置いて早速反省会です。昨日は寂しい食事でしたからね。旅に出たからにはその土地の上手いものは外せません。
先ずはビールで喉の乾きを潤し、冨山湾で捕れたホタルイカの塩辛、白海老の刺身、げんげの天ぷら。冨山の地酒をいただき満足の行く能登半島一周の旅は終わりました。

明日は、糸魚川から長野へ入り。蓼科にあるお友達のペンションへ向かいます。
[PR]

by kintarou776 | 2017-05-29 22:57 | ロングツーリング | Trackback | Comments(2)