秋田のタカさん旅日記

kintarou77.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 31日

稲穂のあかちゃん

d0107838_20222251.jpg

今日、仕事帰り夕日がキレイでおもわず「パチリ」昨日訪れた鳥海山が、夕日に映えていた。

田んぼに降りてみると、
d0107838_20305648.jpg

この間、田植えが終わったばかりと思っていたが稲は60cmくらいに伸びたくましく育っていた。

稲の隙間をよーく見ると、出ていました小さな稲穂のあかちゃんが顔を出していました。
d0107838_20385731.jpg

お米にとってこれからが一番大切な時期を向かえる、まず害虫駆除特に「カメ虫」の被害は農家にとて甚大だ。
この「カメ虫」はまだやわらかい「もみ」の中の「こめのエキス」を吸いその吸い取った痕が米粒に黒い斑点を残し商品価値を著しく下げ、農家の収入に大きく響くなのでこの時期は「カメ虫」の被害を防ぐため一斉に防虫剤を撒く、近年はヘリコプターによる駆除は姿を消し、ラジコンヘリコプターによる散布が見られるようになった。
あとは、自然のことなのでなんともならいが、気温であるこの稲穂が出始めるころ気温が15℃を下回ると受粉が出来ず米にならない。こちらは心配ないようだ。
d0107838_20574688.jpg

上の写真が「あきたこまち」の花です。もみの隙間から白く伸びてるのがおしべで自然受粉しやがて一粒の「あきたこまち」になるのです。
あと2ヶ月で稲刈りが始まり秋田にも秋が訪れます。しかし、米を取り巻く環境は厳しいものがあります。年々米価は下がる減反は強いられる、担い手はいないなど、米の国秋田は一次産業が発展しない限り経済向上は望めない。このままでいいのであれば、今のままの農業政策に従っていればいいが、このままではやっていけないと思うのであれば「変らなきゃ」「変えなきゃ」「踏みださければ」先はありません。
ただ作れば売れる米作りは終わりました。なにがこれから大切かは農家のかたが一番よく知っていると思います。みんなで生産から加工、販売まで大きく見直す時期が来ています、「なにをしてくれるか」ではなく「なにをしていくか」が今後の課題です。。。。
話が変な方向に行きましたがあと2ヶ月で新米が食べられます。農家の皆さん後少しです。がんばってください。そしておいしい「あきたこまち」を私達に食べさせてください。
その日が来るのが待ちどうしいです。
[PR]

by kintarou776 | 2007-07-31 21:35 | あきたこまち | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://kintarou77.exblog.jp/tb/5894468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Roaster x Ro.. at 2007-08-01 01:12
タイトル : 食糧配給
ちょっと前のお話。。。実家から、米と野菜が届きました。お米を頼んでおいたのですが... more
Commented by ロースター at 2007-08-01 01:15 x
小学生の頃、稲の花の開花の様子をよく観察させられたものです。
夏休み中なのに早起きしなくちゃいけなくて、結構大変だったけど今ではとても懐かしいです。

ちょうど、うちの米のことを記事にしていたところだったので「トラックバック」させていただきました(^^
Commented by nb at 2007-08-01 08:56 x
日本の農業全体がすっかり傾いてしまいましたね。
専業では食べていけないのが多いのはいい例で。
片方では、手厚い保護に守られてきた農家の意識にも
問題があると思いますし。

しかし、結論的には国全体が「自給」できること、が
必要不可欠なのであって、
そのためには政策のみならず、消費者が
「こめられた労働や努力に対する対価をきちっと払う」意識
を持つことが必要ですね。

それにしてもいい天気。
Commented by banabana at 2007-08-01 12:45 x
なんとも素晴らしい景色ですね。

先日タカさんに情報をいただいた「新日の基」に行ってまいりました。
前回はぶっ壊れていて覚えていなかったのですが、
あの店、料理(特に刺身)が美味かったです。
機会があったら、また行きましょう!
Commented by 秋田のタカ at 2007-08-02 10:16 x
ロースターさんのブログ拝見しました。
小さい時の記憶は、はっきり覚えているものですね。また幾つになっても忘れないものですね。良いことだと思います。
また、実家からのお米や田舎から送られた農作物はスーパーでは規格外になって商品にならないものですが、ほんとうはそれが一番おいしいんですよね。農薬と化学肥料で育った農作物より自家製のお米、野菜が一番なんですよね。
あとは奥さんの料理の腕次第。。。。?(笑い
Commented by 秋田のタカ at 2007-08-02 10:37 x
nbさんまったくそのとおり・・・
悲しいかなこちらは一次産業は「お米」に偏りすぎて立て直し相当きついのが現状。
>「こめられた労働や努力に対する対価をきちっと払う」意識
を持つことが必要ですね。
まったくそのとおりなのですが、安物に慣れきった消費者を高価な商品に振り向かせることは現実はかなり難しいと思うし、特にお米の場合は生産価格が先で消費者のニーズに答えていない価格設定でしたら、最近は消費者に答えた価格での商品提案、米作りも行はれているようだ。どんどん普及してもらいたい。
>しかし、結論的には国全体が「自給」できること、が
必要不可欠なのであって・・・
最後はこの一言に集約されていすね。

がんばれ日本のお米!
Commented by 秋田のタカ at 2007-08-02 10:48 x
banabanaさん行かれましたか。
無事お店にたどり着けたようでなによりです。ロースターさんが調べてくてましたけど、築地からの仕入れで海産物は特においしいとか?
また今度僕が都内にお泊りの際は連絡しますので、一杯・・いっぱい・・やりましょう。
この間「新日の基」を探して近くをウロウロしていたら、福島県の喜多方ラーメンで有名な「坂内食堂」の有楽町店が近くにありましたよ。とくに「肉そば」がお勧めかな。もしよかったらそちらもどう~ぞ。(遅いってかっ笑い
今度の「トリコツー」どこになるのか楽しみです。


<< 今日の昼メシ      今日の昼メシ >>