秋田のタカさん旅日記

kintarou77.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 08日

結婚28周年旅行

早いもので結婚してから28年の歳月が流れました。この間いろいろな出来事があり、振り返って語りつくせばいくら時間があっても足りないくらの歳月です。「よく頑張ったな?よく頑張ってくれた」でしょうか。奥さんの慰労を兼ねて二泊三日の小旅行に出かけてきました。

まずは腹ごしらえ。早っ。(笑)。
d0107838_10104486.jpg

ここは、山形県大石田町の「蕎麦屋まんきち」11時の開店と共に来店。仙台からのご夫婦と開店前の雑談をしているとお店にのれんが掛けられお店に入る。
d0107838_10104772.jpg

ここ大石田はそばどころで、そば街道と呼ばれる多数の蕎麦屋さんがあり、お昼時になるとお客さんで溢れかえり、いつもロスタイムになるのですが、今日は開店とともに入り、大好物の「かもつけそば」を頼んだ。何度食べてもおいしい。注文を待っている間に次々とお客さんがなだれ込み、あっと言う間に満席になった。

お腹も満たされましたので、次に向かいましょう。
しばらく国道13号線をタラタラと走り、天童から国道48号線の峠道にスイッチ。と同時になりを潜めていたエスに鞭を入れる。適度な勾配と軽快なコーナーの連続。水を得た魚の様にエスと共に心踊る瞬間。
d0107838_10104940.jpg

ちょうど車の列が現れところで、次の目的地。ニッカウイスキー仙台工場に到着。
NHKの連続ドラマでおなじみの「マッサン」の舞台になったところ。ニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝氏の偉業やウイスキーの原料麦の精麦や仕込の様子など、無料で専門のガイドさんが付いて工場内を案内してくれる。
d0107838_10105238.jpg
ウイスキーの蒸留と言えば、これ「ポットスチル」。ここで麦汁から蒸留してアルコールを抽出ウイスキーのあかちゃんの誕生です。
蒸留したては、無色透明なアルコールで皆さんご存知の樽に入れられ5年、10年と歳月を重ね、濃く深い香りと、味を醸してくれる。ニッカウイスキーになるのです。工場見学の最後にお楽しみの試飲があったのですが、運転手の為、ジュースで我慢。香りだけ楽しんできました。

さて、本日の宿へ向かいましょう。
d0107838_10105413.jpg
奥さんが予約を入れてくれた作並温泉「かたくりの宿」
宿の写真や料理をすっかり撮り忘れるくらいゆっくりしました。温泉に入り。おいしい食事に舌鼓を打ちお酒を飲んだら。。即爆睡してしまいました。
d0107838_10105682.jpg
由一の写真が翌朝早朝撮った露天風呂。

そして、旅の二日目。向かったのが「定義山」西方寺さん。
一通りお参りを済ませ。境内を散策。
d0107838_10105897.jpg
ここに来た目的はこれだったりして(笑)。
名物の定義とうふ店の「三角あぶらげ」見た目は大きいのですが、ふっくら揚げられており朝食をお腹いっぱい食べた後でも、おいしくいただける。
d0107838_10110029.jpg

ダムカードをゲットした大倉ダム
d0107838_17582257.jpg

そして、仙台市内にむかいやってきたところが、青葉城跡に来ました。久しぶりに伊達正宗公とご対面。公園内では「すずめ踊り」などが披露されていた。
d0107838_10110505.jpg

すずめ踊り。
d0107838_18495892.jpg

公園内を散策し大道芸を見たり、仙台市内を見渡したり。
d0107838_10110845.jpg
喉が渇いておいしそうな物を発見。仙台の人はこよなく「ずんだ」を愛す。
これが、想像以上においしく頂くことができました。

この旅行最大のイベントはこれなのです。
d0107838_04275210.jpg

浜田省吾さんのアリーナツアー。仙台公演
感動し過ぎて涙が止まりませんでした。
[PR]

by kintarou776 | 2016-10-08 10:04 | お出かけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kintarou77.exblog.jp/tb/23538696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 八幡平アスピーテライン      S2000退院 >>