2010年 02月 11日

秋田県大仙市刈和野の大綱引き参加!

d0107838_23372497.jpg
刈和野若集のぶつかり合い祭りの雰囲気を盛り上げます。
自宅から車で40分ぐらい秋田県大仙市刈和野の大綱引きに初参加してきました。
マジに引き過ぎてブログをアップしている今も、手がプルプルしている(笑。
いざ参加するとさすがお祭り、気持ちが熱くなり知らない人と力を合わせ真冬にもかかわらず大汗をかいて大縄を引く・・・

さて結果はいかに・・・・?



d0107838_23462126.jpg
ここで刈和野の大綱引きの由来を紹介。

■指定年月日/昭和59年1月21日
■種別/無形民俗文化財
■所在地/大仙市刈和野
■管理者/刈和野大綱引保存会

  昭和59年1月21日に国指定重要無形民俗文化財として指定された刈和野の大綱引きは、市神様の神事として500年以上の伝統をもち、毎年2月10日(旧暦1月15日)の満月の夜、刈和野を上町(二日町)、下町(五日町)に二分して大仙市刈和野大町通りを会場に開催される国内でも最大級の大綱引きです。

  引き合いに使用される大綱は、毎年新藁約7千束を編んで作られ、直径が約72センチメートル、長さが雄綱約64メートル(42尋)、雌綱約50メートル(33尋)、重さが各々約10トンにもなります。

  平将門の子孫といわれる長山氏の氏神である市神様の祭事として始まったこの大綱引きは、もともとは上町(二日町)、下町(五日町)による市場の開設権をめぐる勝負でしたが、近年は観光の意味合いが強くなり、上町が勝つと米の値段が上がり、下町が勝つと豊作になると云われています。
d0107838_1940590.jpg
d0107838_10135142.jpg
d0107838_23515917.jpg
若衆が祭りの雰囲気を盛り上げる。
d0107838_23534550.jpg
雄綱と雌綱が結ばれる。
そして、我々は上町に付いた。
この雄綱と雌綱を結ぶ作業は綱が巨大で太いため、実に一時間くらいかけて結ばれる。
上町は昨年まで3連敗中で、今年こそはと燃えていた。これは上町に付いたからには思いっきり引くしかないですね。
d0107838_23573937.jpg
d0107838_2358059.jpg
この太い綱から枝分かれした綱を引くのです。
引いてる迫力のシーンを撮影する予定でしたが、綱引きに夢中になり過ぎて写真撮れませんでした。m(__)m
祭りを仕切る建元の号令とともに、「ジョイヤサーノー・・・・ジョイヤサーノー」と気合を入れて上町下町合わせた6千人が一気に引きあいます。
結果は・・・・・・
d0107838_003667.jpg
見事上町の勝利!
すぐに結果が出ると思ったのですが、20分ぐらい引きっぱなしの一本勝負手も足もガクガクになるほど皆で大綱を引きあいました。
下町には柳葉敏郎氏(刈和野出身現在も住んでいる)がいるとのことで、人が下町に偏ったらしいが、終始上町がリード、っが後半一気に持って行かれた。体勢を立て直し最後の追い込みで一気に勝負を掛け、下町を制した瞬間歓喜の拍手とバンザイが湧きあがった。
その瞬間体の力抜け知らない人と抱き合って喜んだ。これで4連敗は免れた上町。歓喜に沸いた。
上町が勝ったので、今年は米の値段が上がるはず?現実は厳しいですが、なにもかも忘れて一身に大綱を引く気持ちは何より充実感がありました。

初参戦で初勝利!今年は良いことがありそうな予感です。
[PR]

by kintarou776 | 2010-02-11 00:12 | お出かけ | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://kintarou77.exblog.jp/tb/10757277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2015-02-06 18:52
タイトル : 大綱引き、2本の綱お目見え
国指定重要無形民俗文化財「刈和野の大綱引き」に使われる雄綱と雌綱が、秋田県大仙市刈和野の大町通りにお目見えした。2本は高さ5メートルのとぐろ状に巻き上げられ、10日の本番まで通りに飾られる。10日は午後8時から2本の綱を結び合わせる作業が始まり、9時から引き合う。... more
Commented by ロースター at 2010-02-12 20:43 x
うお〜、すごい大迫力!!
降り積もった雪も溶かしそうな熱気が伝わってきますぞ!!

。。。筋肉痛大丈夫ですか?(^^
Commented by 秋田のタカ at 2010-02-14 07:40 x
>ロースターさんおはようございます。
秋田に住んでいるのに初めて参加してきました。
これも一眼効果かと思います。
見るとやるとでは、迫力は雲泥の差ですね。参加してよかった。
>。。。筋肉痛大丈夫ですか?(^^
歳なのでしょうか?次の日思いもよらないところが痛くなり大変でした(笑。


<< 秋田県湯沢市「犬っこまつり」と...      天の戸の酒蔵開放 >>